保育士の給料について。

###Site Name###

保育士の給料は、地方公務員の給与規定に従われた金額が支払われます。


正規職員の場合は保険金や年金から所得税によって3万ほど引かれることを想定すると手取り額は13万ぐらいになります。保育士は昔から高所得な職業ではなく、現在でも仕事の割に給料が安い傾向にありますが、最近では地域によって保育士の給料を根本的に底上げする保育園もあり、手取り額が全国の平均値の2倍まで貰える職場なども増えています。



保育士の給与があまり高くない理由は、離職率が高い上に、昇給が必然的に無い職業なので、収入の限界値が決まっていることにあります。


問題は、地域によって手取り額が一般的な平均値に比べて2倍も貰えるような旨い条件の保育園が非常に少ないという点です。

実際に一般的な幼稚園や保育園で働いてみると、強制的に雇用形態がフルタイムシフトで、夜間勤務のような残業も含めると9時間を超える労働時間になります。

保育士の試験についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

この過酷な労働時間と仕事内容の厳しさに対して月給の手取り額が12万程度となると、やはり尋常じゃない厳しさと言えます。最近では人手不足で待機児童を待機できない問題もあります。
そのため、地域などで保育士の離職率を軽減させる目的と、人手不足を緩和させるために、少しでも給与の底上げを鑑みる保育園は年々増加しています。

これらは国や都道府県からの負担金と補助金、保護者からの保育料などの支給金額が少ないのが原因なので、国が保育に力を入れて単価を上昇させる必要がある現状です。

保育士の求人を知りたいならこちらです。